Coming Home Essences : 神戸発 自然界からの贈り物

日本の花と大地で生まれたカミングホーム・エッセンス

マツバウンランのエッセンス [孤立感や窮屈な枠組みからの卒業]

昨年秋にカミングホーム・エッセンスに仲間入りした中の『マツバウンラン』。影の統合という役割で誕生した5本の花のエッセンスのひとつです。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180402210156j:image

マツバウンランは4〜5月初旬に咲く春の花で、松葉のように細い茎の先に薄紫色の花を数輪つけます。切なさを思い出すような色合いの美しさ、株ごとに少しずつ離れて育つ距離感、風にそよぐたびに清らかな音が聞こえそうな立ち姿が、私の心を揺さぶります。

特に、先天的な孤立感や、枠組みの中に押し込まれる窮屈さ、それにもめげずに健気に、凛として自己表現を続けるチカラといった『個性』を感じずにはいられない花です。

*マツバウンランのメッセージ *

ストーリーを追うのは やめます
ひとつひとつの出来事は
かけがえのない瞬間ではあるけれど
いのちを形作るための 背景のひとつにすぎないから

わたしは頭を高く上げ 胸を張って
目の前にあるわたしの道を もう一歩踏み出します

そう心が定まるだけで 
心の中に太陽が燦々と輝き
必要な養分が 
すでに私の中にあふれていることに気付くのです
すべて 私の中にあったのです

この花から生まれたエッセンスは、窮屈な家系・血筋や、自分で選んだわけではない信念体系、伸び伸びとした個性の表現が許されない環境、職場などにも関係がありそうです。 そもそも自分がなにを制限されているかさえ麻痺するような、でもなぜかいつも緊張していたり、何かを抑えているような感覚が自然に浮かび上がってきたとき、マツバウンランの応援は心にしみるかもしれません💕

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180402210222j:image

例えば私の場合、好きなものや愛おしく感じるものを、ただ「好き」と言葉や態度に表すことに関し、お腹の奥に冷やっとする緊張感、抑制感があることに、ふっと気づきました。それとともに、幼少期から「結婚に繋がらない恋愛はご法度🙅‍♂️」な妙に古風な箱入り娘⁈(お年頃には無視して恋しました💕)だった記憶が、ふわっと浮かび上がりました。

こういう成長過程の「影」は、影響を与えた人を責めたり(また和解するよう努めたり)、その当時に戻ってなんらかの心理的ワークもできるのかと思います。

 

でもね、こんな風に自然に奥から浮かび上がってきた影は、特段"向き合う"必要すらないことも多いように思います。もう、ただ卒業です。

①「そんな思い込みしてたか。そっかそっか」とありのまま現状認識する

②  今の自分はどうありたいか、新しい方向づけ(変化)を意図する

③  新たな方向に近い周波数のものを生活に取り込み、変化の定着を後押しする

この3ステップで、無理なく、ごく自然に変化します💕

むしろその変化の奥に、その人をその人たらしめる本質的な『個性の輝き』のヒントが隠されているかもしれません✨

*エッセンスを取った後のことは、あえて書きません。その方の個性によって異なることだから。結果をイメージで固めてしまったら本当にもったいないと思うので…💕 そんな深い質感を感じるマツバウンランなのです。

これが、人が生まれながらに持つ心の成長力の神秘であり、それを抵抗なくシンプルに表に出すのがカミングホームシリーズの特長だなぁと思います。

 

社会面でも、麻痺するほど根深いしがらみからの解放が活性化する様が垣間見えます…そういう時期なのかもしれません。
この春ずいぶん活躍してくれています💕

 

👇マツバウンランの詳細はこちら

花*マツバウンラン (ストックボトル 20ml) - ほしのしずく

 

👇影の統合を応援するエッセンスたち

「影の統合」のエッセンスは、どのように働きかけるか - Coming Home Essences : 神戸発 自然界からの贈り物

 

 

エッセンスの本質は自然と人をつなげる「愛」だから…

今、ちょっとしたきっかけから、じわーっと「フラワーエッセンスの世界観が大好きなんだ💓」って新鮮で素直な想いが湧いてます。

 f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180306103823j:image

そしてね。
これまで、たくさんのフラワーエッセンスを学んだし、使ってきた。基礎体力は相当磨いた。だから改めてこの「大好きなんだ」の想いから、すべてのエッセンスに触れなおしてみることにしました💕

 

       守・破・離 

 

頭でなくて、知識でなくて、そういうことは全部いったん横において。(…というかもう血肉になってる🍖から、情報への執着をoffにして…)


純粋に完全に「大好きだ」から触れなおす。
人が、草花が、大地が、地球が、大好きなんだ…の想いから、手を伸ばし触れる。

 

エッセンスの本質は「愛」だから。
自然と人をつなげる「愛」だから。
こうして触れたら、きっとうんと深い響きに出会えるね🌸

 f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180306104456j:image

そんなことを考えながら思った。

私が大好きなエッセンスの世界観っていうのは、言い方を変えると、うんと些細な日常の出来事の奥にある「大事な変化」に興味津々でありつづけ、そこからひらく可能性に敏感✨であろうとする姿勢…なのかもしれないなぁ(^_-)

エッセンスの大前提である『水』の特性

フラワーエッセンスという癒しの分野は、植物それぞれが独自性をもつという見方と同時に、またはそれ以前に、『水はあらゆるエネルギー情報を保持する』という『水』の特殊な性質を大前提とします💧

 f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180225192427j:image

そうした考え方は科学的に最先端で、ある種「神秘的」。

たまらなくそこに惹かれたわたしは、フラワーエッセンスのお仕事を始める時に屋号を「ほしのしずく」と決めました(*´꒳`*)  花の雫ではなく、星の雫なんだというのが、私なりのこだわりでした。もう7〜8年前のことです…

 

だから今日友人がシェアしてたこの記事や、日本の一般財団法人「月のしずく財団」が神戸大学の博士が始められた水の基礎研究(アクアフォトミクス)を支援するという話に、なんだかとっても興奮を覚えたりするのですね〜✨

macrobiotic-daisuki.jp

 

いよいよこういうことが表で語られる時代が来るのね〜♫と、ワクワクがこうじて…ご紹介いたします。

      *:ஐ(●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●)ஐ:*

Transformation 〜暁のイワクラ〜: 変わることを力まなくても大丈夫❄️

昨年の3月なかば、六甲山の山中で「Transformation 〜暁のイワクラ〜」のエッセンスが生まれた場面を、今日は思い出していました。

春までもう一歩というある夜、急に冷え込んで山上は雪。そんな日に「あっきー、明日は山なんじゃない?」と友人に背中を押され、一人出かけた氷点下の山上❄️は、一面の樹氷の世界でした。

一見カチコチ、冷たくて、寒くて、身動きするのも嫌な空気感。
寒い、冷たい、エッセンスなんて作れっこないだろ〜‼︎
こんなの嫌だ〜‼︎ 怖い。また雪が降る前に帰りたぁい〜🚗💨

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180222001529j:image

でもね、「いやいや、ほんの少しの間この場と一緒にいよう」と心を決めたとき、周りの気配に感覚がひらいていきました。

枝の氷と氷の間をとおり、地面に届く太陽の柔らかな日差し。
ほんのかすかなそよ風。
ただそれだけ… そう、たったそれだけ。

それだけで、枝から氷がパラパラと落ちていくのです。
氷に太陽の光をうけて、眩しいほどにきらめきながら、パラパラと地に落ちていくのです。
そして、しっとりと水分を蓄えた枝が、太陽に向けて一段とスッと伸びるのです。
その美しさといったら… 言葉にできません。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180222001541j:image

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

『変わらなきゃ』ってガチガチになることないの^^
少しの間、この状況とともにあろうと心に決めること。
そうすると、その場に起こっているほんのかすかな変化の兆しや応援にちゃんと気づくから💕 力を抜いて、その変化の兆しにそっと合わせていくだけ。
そんなことを、かすかな陽射しと空気の流れが教えてくれました。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180222001551j:image f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180222001954j:image

 

✨Transformation 〜暁のイワクラ〜 詳細は以下のリンクから

http://stellagutta.cart.fc2.com/ca5/20/p-r-s/

 

「四国カルスト」と呼ばれる場所のこと

カルストという特殊な地層が表に現れている地域が四国にあり、「四国カルスト」と呼ばれています。高知県愛媛県の間あたりの山の上。この四国カルストのFBページがあります。写真がとてもうつくしい・・・

 

ほしのしずくのカミングホーム・エッセンスシリーズには、『大地のエッセンス』という4種類のランド・エッセンスがあります。そのうちの1本が、ご縁に導かれ訪問したこの四国カルストで作らせていただいたものです。

私が2015年夏に天狗高原という場所を訪れたのは、どんな経緯だったかしら…あまり覚えてないのです。行き先を決めない夏休みドライブ🚙で訪ねた一ヶ所でした。

 

天空に近い高所にもかかわらず、空気がとても澄んでいるせいか、遠く足元の集落の一軒一軒までくっきり見えるような晩夏の朝に作らせていたたきました。ことばを忘れるほど、美しい景色でした…。

『カミングホーム・エッセンス:四国カルスト
大地*四国カルスト (ストックボトル 20ml) - ほしのしずく

 

このエッセンスは、足元(今起こっていること)の全体像を鳥の目線で俯瞰し、同時に細部まできちんと認識し、その上で次の一歩を踏み出すというような、『意識的な視野の拡大、俯瞰』をサポートします。

もう一歩踏み込みたい時☆ 全体像のイメージを置き換えてみる

前回の投稿「迷った時の選び方 ~エッセンス、精油、その他のツールの使い時~ 」で疾病/健康という目線から人の成長を、あえて直線的なモデルに沿って眺めてみました。

このモデルはシンプルに説明され、すっきりと理解しやすい印象があります🌈
わたしは、こんな風に虹色の階段をイメージしました。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180114112743j:plain

虹色の階段を一段一段のぼるような…

この写真に一歩一歩高みに上るワクワク感🌈を感じる人もいるでしょう(^^♪
反面、人生の出来事が常に段階的に順番に起こる様にみえ、どこか窮屈な印象をもつことがあるかもしれません。

問題を抱えている人が人生をこの直線モデルで眺めると「この問題があるうちは、気付きや成長なんてはるか遠く…」とか「先に自分を満たさないと次へは進めない」と思いがち。また、高次元のウエルネスだけに意識を固定しすぎると「こんなに高みまで来たのだから」と、日常生活でリアルに起こっている事をありのままに味わいにくいかもしれません。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180113172630p:plain

 もしかしたら、それは全体像のイメージが直線だからかもしれません(*^^*)
     。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜

あるモデルに基づいて日常のリアルな出来事を理解しようとしたとき、イメージしやすく、納得できて力が湧いて、しあわせならOKです(^^♪

もしかすかな違和感、もう一歩踏み込みたい感覚を感じたら、そのイメージ(モデル)をバージョンアップする時かも。

 

私には、階段を上り続けるイメージが非常にまどろっこしく、めんどくさ~い気がして(^▽^;)💦
人生の全体像のイメージを置き換えることしました。

例えばこんな風に・・・

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180114105203p:plain私は人生という虹色の爆発の中心点にいます。
一日のうちに、うまく行かないことも幸せなひとときもあるように…
一年のうちに、ドツボで凹む時期も羽が生えたような時期もあるように…
私の身体にも、調子のいいところとイマイチなところがあるように…
人生にはいろんな場面が同時多発的にあり、どこからでも成長できるし、力を得られるのだと、前後左右、時間の経過も含めて、視野が広がる感覚が生まれます。

    。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜

こういう風に捉えかたをガラッと変えてしまうことを「パラダイム・シフト」って呼ぶのかな。すると、具体的・日常的にどんなことが起きてくるでしょうか?

 

ほしのしずくでは、いまこの瞬間をそれぞれの人生という「アートの現場」と認識し思うがままに創造することを、いっしょに楽しみたいと願っています

stellagutta.web.fc2.com

迷った時の選び方 ~エッセンス、精油、その他のツールの使い時~

先日、こんなご質問をいただきました。(こういうご連絡、Welcome!です^^)

『(気になることがある時に)フラワーエッセンスを使うか?精油を使うか?迷う時の選び方に通じる知恵、叡知みたいなものに興味があります。』

     。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜

私自身の体験から

かつて、体の不調についてどんな場合にどんな選択肢があるのかをど素人の私に端的に説明してくださった、あるドクターの言葉を紹介します。

私がフラワーエッセンスに出会った頃のこと。突然全身にアトピー性皮膚炎を発症しました。そよ風すら痛くて外出も辛い数ヶ月、ステロイド薬のアレルギーが疑われ、治療にステロイド剤を使えません。数軒の皮膚科で抗ヒスタミン薬を処方されながら「あなたは生涯治りません」と宣告された後、とある皮膚科にご縁が繋がりました。初診の丁寧な問診の後、ドクターはこうおっしゃいました。

辛いですね…これは痛いでしょう?この肌には外科的な処置が必要です。ガーゼで覆い肌を守りましょう。抗炎症剤や保湿剤も使います。
皮膚に症状が出ているけれど、胃腸も弱っていますね。体全体の生命力の停滞には漢方薬ホメオパシー、アーユルベーダの手法を使いましょう。食事やエクササイズもアドバイスしますね。
  ・・・それからね・・・
体の状態は心の状態ととても関係が深いのですよ。バッチフラワーを学び始めているならちょうどいいわ。日々の自分の行動や感情、考えをよく観察してみてください。そしてご自身にフラワーエッセンスを選んで摂ってみてください。きっと相乗効果で回復を早めますよ。

「一生このまま」と落ち込んでいた私を、この言葉がどれほど安心させたことか…
実際このドクターに月1回程度診察をうけ、ちょうど1年経った頃にはすっかり元通りの体に回復していました
そしてこの治癒プロセスが私に物事のホリスティックな(全体として眺める)見方と、フラワーエッセンスという微細な力を持つツールの理解を育んでくれました。
”全体”にバランスよく働きかけたときの回復のスムーズさ…記録写真を撮っていなかったのが残念です。

   。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜

自分はどこにいて、どうなりたいか?

冒頭の質問を考える時、"あなたが気にしていること"が自分にとってどの位重要か、自分の立ち位置を把握することがスタートです。
下の虹色の図は、1972年にジョン・W・トラビス博士が発表した「健康(ウエルネス)/疾患連続体」の図で、病気/健康とはどういうことかを示しています。表現を変えれば経済面や人間関係のテーマにも適用できそう。人生のテーマは必ずしもこんな直線的ではないかもしれませんが、今日は大まかな全体像を、この図に沿って眺めます。

 

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20180111005503j:plain

中央の白線ニュートラル点(Neutral Point)」がいわゆる「問題なし」として、一般的な医療において治療の目標地点とされています。

ニュートラル点の左側は「疾患」、病気や現実面において難ありの状態です。
「Sign(徴候)」「Symptoms(症状)」「Disability(機能不全)」。左端は「Premature Death(未熟な死)」。本来の寿命に至らぬ死というニュアンスかもしれません。

ニュートラル点の右側は「健康(ウエルネス)」の状態です。
「Awareness(気づき・自覚)」「Education(教育)」Growth(成長)」と発展し、右端が高次元のウエルネス。精神/霊的側面も含め健やかで生き生きとした生き方です。

    。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。

左端から「症状」まで、つまり日常生活への支障が出た後は、素人判断せず専門家の協力をあおぎ、現実を見据えつつ物質レベルで効果的に速やかに改善させるために二人三脚で歩む必要があるかな…と私は考えます。

「徴候」はいわゆる未病と私は理解しています。なんとなく調子が悪い、不快感、停滞感に気づくが、検査で病名が付くには至らない。先のドクターの説明の中では体全体の生命力の停滞の部分です。セルフケアが最も有効なのは、この「徴候」の段階でしょうか。多少の不具合を自覚する時、人は努力し…そして自分自身や物事をより深く広く理解するための最初の扉を開きます(^^)
この段階は物質的に問題点が見えているので、問題点に直接気長にじっくりと働きかけられ、結果を自己観察できるケアが有効かと思います。カラダの不調なら整体やマッサージ、ホメオパシーアロマテラピー食養生、エクササイズ、市販の漢方薬の活用なども取り入れられると思います。問題解消に重点を置く心理的、エネルギー的なヒーリング手法も多くあります。

「気づき・自覚」とは、先の体験談でいう自分の行動や感情、考えをよく観察する段階と理解しています。自分は何を感じどう反応しているか、その反応は結果として何をもたらし、それは自分にとってどうなのか? 自分自身を客観的に把握し、次の段階への準備を整える入口です。漠然と「よりよく生きたい」もこの段階の感覚でしょうか。
意識を一段引き上げるアプローチが有効で、フラワーエッセンスをはじめエネルギー場(オーラ)に働くヒーリングツールの多くは、主にこの段階にフォーカスして作られ、活用されているように思います。働きかけが微細で物質レベルに影響が出るまで少し時間がかかったりするので、なにがどう働いているか、より丁寧な観察力が求められます。
*エネルギー場(オーラ)については、以前書いたブログをご参照ください↓↓↓

cominghomeessence.hatenablog.com

次の段階は「教育」です。今までの自分の人生を顧みたうえで意識を広げ、より精神的・霊的な面もふくめた"全体"として、どんな可能性や選択肢があるか探り、吟味して自分の人生に適用させる段階と理解しています。
私の感覚では、一部のフラワーエッセンスやエネルギー療法がこの領域に働きかけられそうだと感じています。トランスフォーメーションゲーム®やカミングホーム・エッセンスはこの段階をサポートするツールのひとつです。

最終段階に「成長」があります。私自身がこの段階を十分ハラに落とせているか疑問💦ですが、恐らくこの辺になると、手法だツールだという話がナンセンスになってくる…と予想しています。前段階の「気づき」や「教育」で本来の自分自身のあり方にきちんと触れていれば、その方独自の成長の方向や道筋は、おのずと(勝手に)目の前に現れ、展開していきそうです。 

そして、自身の「成長」の方向へとためらいなくのびのびと突き進み、出会うすべての体験を肯定的に味わい、自分自身の経験知にしたとき、精神的・霊的側面も含めた「健康(ウエルネス)」が達成できるのではないかしら…

    。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜。。+゜゜ 

新しいヒーリングメソッドやツール、考え方に出会うとき、私は「これは(上記の)どのあたりに立脚してるアプローチ?」と、資料や講師の言葉から自分なりに探ってみます。そのうえでどんな時に役に立ちそうか、自分に必要かどうかを見極めます。
ほしのしずくの基本姿勢として「それは自分にとってどうなの?」の問いかけを大切にしており、万人に適用できる唯一の正解はないと思っていますけれどもね…^^

 ほしのしずくでは、ご自身の状況に寄り添うエッセンスをご提案するメール・コンサルテーション、対面セッションも行っています

stellagutta.web.fc2.com