身近な植物や大地だからこそ….の応援

ほしのしずくがお届けしている『カミングホーム・エッセンス』シリーズは、ごく身近な場所や植物のチカラを借りて作られています。 

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171202140523j:image

4種類の大地のエッセンスは、専門家について何時間も登山してたどり着くような所ではなく、車ですぐそばまで行き、ほんの少し道を分けいるような場所にある聖なる地で作らせてもらっています。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171202084332j:image

13種類の花のエッセンスになっているのは、ソメイヨシノ、ハルジオン、ツユクサ、オオニワゼキショウ…どれもこれも、空き地をしばらく放置したらそこに芽を出してくれるような草花や、校庭の隅の木に咲いているような、ごく身近なかわいらしい花たちです。

 

ほんの少し目先を広げてみれば、いつだってそこにあり、私たちを包み込んでくれている愛、光、智恵、導き…✨

自然にあるものは、大いなるもの(人によって神、創造主、宇宙などと呼ぶのかもしれません)が創り、この星のこの場所に配してくれているもの。だからそこには、愛や智恵、光、導きが『ある』のです…とてもシンプル。

目の前にある光の見つけ方をうっかり忘れてしまった私たちに『ほらほら、ここにあったでしょう✨ 思い出して、手を伸ばしてみて(^ ^)』ときっかけをくれるのが、このカミングホームのシリーズの特徴と思います。

それでこのエッセンスをとると、思い出した光による変化がすぐに、葛藤なくポンと日常に届くのです💕

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171202084627j:image

🌟カミングホーム・エッセンスの詳細

http://stellagutta.web.fc2.com/cominghome.html

🌟ご購入

http://stellagutta.cart.fc2.com/

           ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

さて光を思い出し、その光とともにどう歩んでいきましょう⁇ その先の智慧や勇気を思い出させてくれるエッセンスたちが届きつつあります。

それらが、光のエッセンスたちのようです。

例えば…『Transformation 〜暁のイワクラ〜』とかね(*^^*)

六甲山 暁のイワクラ 〜新生リサーチエッセンス〜 - 星のささやき 花のつぶやき

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171202085040j:image

花のエッセンス 『オオニワゼキショウ』 誕生秘話

駐車場の隅に咲いているのを初めて見たのは2015年春の小豆島でした。
とても小さな花ですが、薄紫のライン、真ん中の黄色、美しい六枚の花弁…
気品ある姿に一目ぼれしました♪

このお花でいつかエッセンスを作れないかなぁ…
導いてほしいなぁ…と願っていたある日、
六甲山の中腹を歩いていたら空に彩雲を見つけ、
写真を撮れそうな高台に駆け上がったら、そこがこのお花の群生地☆彡
導きに感謝でした☆

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171201110645j:plain

お花をひとつひとつ摘み、グラスにポトンと落とすと、
自然にくるりと上を向き、グラスの淵に沿ってすっと整列してくれました。
その姿もまた本当に愛らしくて、いとおしくて…。

エッセンスができるまでの数時間、
くさっぱらでオオニワゼキショウにまみれて寝転んでいました。
ほんのかすかなそよ風に、草原全体が一斉にそよぐ姿は『美』そのものでした…

このお花の教えてくれる質は『従順さ (Surrender)』。

  その身を 宇宙にゆだねてごらんなさい
  逆らわず ただ風を全身に受けながら

  すべては 流れの中に 整っています

  ただ受け取り ただ感じ 
  身をゆだねる勇気を 知ってください

 

自らの尊い特質に十分に深く気付いたうえで、
そのすべての佳き部分をより大いなる意志(神、生命のルール、宇宙)に
沿わせ花開くことを選択する… 
そうすることで、より大きな流れに身を任せ、
大きな動きの中で自らを生かしていく…

 

そういう物事の捉え方を思い出させてくれるエッセンスです。
《オオニワゼキショウのエッセンス 詳細》

花*オオニワゼキショウ (ストックボトル 20ml) - ほしのしずく

花のエッセンス 『ハルジオン』 誕生秘話

ほしのしずくオリジナルのエッセンス『Coming Home Series』より、花たちが伝えてくれたメッセージを写真とともにお届けします。

 

今日は、ハルジオン
とても穏やかだけど、力強い花の響き。
もし魂に傷があれば、なぐさめ、癒し、
元々のあるがままの状態を静かに思い出させます(^^)

 

あの日、
エッセンスのためにこの花を摘みおえた頃でした。ワイワイと人の声が聞こえ、周囲の草刈りが始まりました…
エッセンスを作り始めたところなのにどうしよう。離れた方がいいのだろうか・・・とても迷いました。
けれど、あえてとどまり、ほんの少しだけ離れた陽だまりでエッセンスを作り続けることにしました。

なぜだか、摘ませてもらったハルジオンの群生地一角にはそのまま草刈りの手が入らず。周りで刈られた部分にいた虫たちが集まってきたのか、ハルジオン周辺は小さな昆虫たちがワイワイにぎやかでした。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171201091833j:image
『ハルジオン』
この限られた大地は
深遠なる宇宙の意志に 統括され
みまもられ 育まれています

この大地に生を受け続けているという
その事実ひとつが
そのいのちが 絶対的に尊く
かけがえがないことを あらわしています

役に立たないもの、邪魔なものなど
なにひとつとして ありません
すべてが ひとつ に連なる
かけがえのない いのち です


<キーワード>
なぐさめ
信頼
他者への貢献

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171201092406j:image

このエッセンスを摂った方から、以下の感想が届いています。
・細胞にひかりがさして修復されてゆく感じ。速効性がありました。
・魂(ソウル)の傷をいやす
・育った環境由来の「粗雑さ」に潤いをもたらす
・あたっかくなる。ほっとする。誰かのそばにそっと座りたくなる。


以来、この花を見ると『雑草』とくくるコトバについて感覚がムクムクと湧きあがります。雑草ねぇ〜私は「雑人」て括られるのは嫌だなぁ。
…とはいえ、植物ひとつひとつの名前を調べて覚えるのはちょっと大変ですね〜( ^ω^ )笑


カミングホーム・エッセンス
『ハルジオン』
花*ハルジオン (ストックボトル 20ml) - ほしのしずく

精霊(Sidhe)のカードとカミングホーム・エッセンスの共鳴

最近出会った「The Card Deck of Sidhe」というカード。「Sidhe」はシーと読み、精霊たちのことで、アイルランドに残る最も古い呼ばれ方。「people of peace 」という意味だそうです。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171120002509j:image

彼らは人類とは従兄弟のような存在で、進化の過程で人は物質的な在り方を選び、Sidheたちはエーテル的な在り方をとりました。生活する「次元」こそ違えど、地球という星にともに暮らし、星全体としての進化をともに歩む仲間です。

その昔、まだ人類とSidheに往来があった時代には、いわゆる妖精のように小さな羽のある姿などで人の前に現れていた彼らも、現代では姿も能力も進化しているそう。
このカードは、今、Sidheと出会いなおし協力して新しい地球の姿を顕そうと願う人に、Sidheたちとのコミュニケーションを助ける目的で作られました。

 

カミングホーム・エッセンスの世界観に近いなぁ🎵
思い込みの枠を超え、より大きな全体🌍を意識しながら、今の自分が持つ最高の可能性を『現実世界で』花開かせること。それがカミングホーム・エッセンスの目指すところ… 頼もしい友人たちに出会えたよう✨

       ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

そして、このカード、Sidheたちの世界と繋がるためにまずイワクラのカードを"まわる"んです。イワクラってのはやはり異世界とのゲートなのね(^-^)💓

      ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

 

ふと、遊び心でカードとエッセンスを重ねてみたら…わぉ!驚きの一致🌟 世界観だけでなく、個別のストーリーやエネルギー、順番まで予想以上の合致です。

カードはアメリカ、描かれている石たちはイギリス、エッセンスは日本。"生まれ"は地球のあちこちだけど、共通のストーリーと響き(エネルギー)を持って、異なる形でこの地上に存在するものたち。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171120002914j:image

なんか、感動…✨精霊とのコミュニケーション、本腰入れてリサーチせねば。

 

 

はじまりの日に… カミングホーム誕生に関わってくださったご縁に感謝

2017.11.11

11が並ぶ今日は「はじまりの日」なのだそう。ひさびさのひとり時間に、毛布をかぶって”An Introduction to Incarnational Spirituarity”(by David Spangler)という本を読みふけっていました。

この本は地球上になにかを現れすということに人が肯定的・積極的に関わるには?ということがテーマの本なのです。まだ途中なのだけど、読み進むうちにふと2015年にカミングホーム・エッセンスを作ってからの経緯を思い出していました。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171111223914j:image

 

カミングホームエッセンスがこの世に生まれ、その本来の特長をだんだんと明らかにする過程に直接・間接に関わり、励まし、力を添えてくれた人たちのお顔が次々に浮かび…💕 たくさんの本の言葉たちが流れます…📚

         ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

・フラワーエッセンスの世界に出会わせてくれた「バッチフラワーレメディー」エドワード・バッチ博士、林サオダ先生、東昭史先生、そしてその繋がり出会ったたくさんの方々

・エッセンスを自分で作るという発想に導いてくれた「フィンドホーン・フラワーエッセンス」のマリオン・リー女史とその繋がりで出会った皆さま

・自然界とシャーマニズムの扉を開いてくれた「13人のグランマザー国際会議」とそれを機に出会ったゆかいな仲間たち & 海老原よしえさんとその繋がりで出会ったみんな

・イワクラとの最初の出会いをくれた「(旧)六甲巨石交流会」の坂田さん、鈴木さん、前田さん、そして、イワクラとのつながりを深めてくれた「イワクラ学会」の平津さん、各地のイワクラを案内してくださった皆さま

・日本古来の神話について学ばせてくれた古事記」「古神道」「ホツマツタヱ」「カタカムナ等に関する様々な書籍、著者の方々

・人の心について理解を深めてくれた「プロセス指向心理学」「ユング心理学に関わる書籍とその筆者、翻訳者の方々

・霊的な世界の仕組みについて深く学ばせてくれた「シュタイナー」「アリス・ベイリー」に関わるたくさんの書籍とその著者、翻訳者の方々

・世界各地域のシャーマニズムに関する様々な本の著者、翻訳者の方々

・そして、エネルギーや波動という捉え方の理解を深めてくれた(ピンからキリまで)山ほどの書籍たち📚

・カミングホームエッセンスの誕生・統合を広範にご指導、応援くださった「魂の心理学」の浅田先生

・このシリーズの本来の力を感知する能力を研ぎ澄ましてくれる「Transformation Game®︎」の創始メンバー、それを伝えてくださる方々、共に学ぶファシリテーター仲間とプレイヤーの皆さま

・このシリーズの物質的な誕生の時期に、様々な形でサポートしてくれた田中朋子さん

・出始めの頃から変わらずずっと、影に日向に応援し続けてくれている吉沢良子さん

・『あっきーのやることなら💕』といつだって二つ返事で計画に乗ってくれる、ゆうらちゃん、大ちゃん、あやちゃん、のぶくん、りっちゃんをはじめ、全国津々浦々のかけがえのない友人たち(*^^*)

・「なんだかよさそう!」とどこからともなく感性で嗅ぎつけて見つけてくれて、リピートしてくださっているユーザーのみなさま

・なんかわからんけど夢中になってる私を、のびのびと好きにさせてくれる忍耐力自慢の主人(笑)とその家族たち

・そして、そんな私をこの世に生まれさせてくれた両親と兄弟たち、4人の祖父母に、その上の曽祖父母に、その上の……ご先祖さまたち

・おそらく、名も姿も知らないけれどこのエッセンスに深く関わっている精霊たちも(数えられるのかどうかはわからないけれど)たくさんいるはずだ…

・言うまでもなく…六甲山やその他の野山の大地、そこに咲く花、根ざす木や草。そして水と太陽の光。

・そして、これらすべてとの関わりを結ぶ地上の一点として、という個性をもった存在がいる

 

これらすべての融合した形が、22本のボトルに入ったカミングホームエッセンスたちということになります。

 

ザッと思い浮かぶだけでも、どれだけの人や存在たちが、直接・間接的にこの22本のエッセンスたちに知恵や祝福や愛を注ぎ込み、この地上にもたらし、あり続けさせてくれていることだろう…✨なにかひとつ欠けても、カミングホーム・エッセンスは、この姿には至らなかったのかもしれないのよね… 有難し。

 

なにかが「地上に形をあらわす(incarnation)」ということが、どれほどの繋がりと祝福のなせる技なのか… 

宇宙の底知れぬ愛深さをリアルに感じた一日でした🌌✨

2017.11.11の再発見:みずがめ座の時代のエッセンス

あ…
Coming Home Essences のロゴ… 水瓶だ。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171111165411j:image

Aquarium.
みずがめ座の時代のエッセンスだ…

゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

カミングホーム・エッセンスは、誕生時から『みずがめ座の時代のエッセンス』というロゴをまとい、そのように主張をしておりました😅
(そのことに、先ほど気づきました!)

作り手のわたしも、まだまだエッセンスからの学びの道半ば…です✨ 折々に、そのポテンシャルが顔を出した時に発見し、言葉にする係です。

 

カミングホームエッセンス は、人のなにか不出来な部分を「癒す、治す」のではなく、その個性が持つなにかを「広げる、深める」という働きかけをするエッセンスなことは間違いありません💕

だから、使うほどに『世界の果て(ある意味、自分の枠)』が外れて、どんどん新たな側面が見えてきます。

 

結果的に…
いつまでたっても「このエッセンスはこんな風に効きます」と、語ることができません。だってどこまでも「開かれ」「深まって」行くんだもの…笑
ただただ、個人の可能性ってすごいんだなぁ…と驚くのです。畏敬の念(*´꒳`*)

 

まぁ、なにが起こるか試してみてください✨

間違いなく太陽と月と星の愛と祝福がベースにあるので安心して…( ´艸`)💕
👆この説明で安心できたら、ある種すごい(笑)

 

ほしのしずく ~カミングホーム・エッセンス~

「影の統合」のエッセンスは、どのように働きかけるか

今年の夏至にリリースした5本の花のエッセンスたちに「影の統合」という共通テーマがあります。今日はそのことを書いてみます。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170622125929j:image

ひと頃に比べ、キラキラ・ワクワクだけの人生を求めることに違和感…という声が大きくなって来たように感じます。「ワクワクや好きなこと」を仮に人生の「光」としたら、「闇・影」は「キライなことや苦しみ、痛み」かな。ユングは影のことを以下のように述べています。

影の像は、主体は認めていないが、それでも何度でも彼にー直接的にしろ間接的にしろーしつこく迫って来るものすべてを、たとえば劣等な性格特性やその他の(主体と)相容れない性向を、人格化したものである

『個性化とマンダラ』 C.G.ユング著 林 道義訳 p62-

う~ん、確かに少ない方がラクそうですね😅

けれど、この地球上ではモノに光が当たれば反対側に影ができます。物理的にそんなルールの星なので「光だけ」にするのは無理かも… むしろ心の世界にさす光が強まると同時に、影も目立つように感じることがありえます。

 

では、カミングホームシリーズに新たに生まれた「影の統合」というキーワードは現実的にはなにを意味するのでしょう?

正直なところ、私自身もエッセンスを摂り実体験を通じて探求中です。どうやら一見好ましくない自分の一部も認めることによって『より個性を確立し凛とした自分』へと拡大して行く過程を突き進むようです。

夏の間に読んでいた『ゲド戦記』に、こんな表現がありました。

ゲドは勝ちも負けもしなかった。自分の死の影に自分の名を付し、己を全きものとしたのである。すべてをひっくるめて、自分自身の本当の姿を知る者は、自分以外のどんな力にも利用されたり支配されたりすることはない。ゲドはそのような人間になったのだ。

ゲド戦記 1 影との戦い』 ル・グウィン著 清水真砂子訳  p 307-

こうした展開は自ら望んで足を踏み入れるものではなさそうです。むしろ、いつのまにか自動的にプログラムが起動する、魂の計画のようにも見えます。とはいえ、はじまってしまったら仕方がな~い💦できるだけ速やかにくぐり抜けるよう最善を尽くすのがよさそうです。そのために、もしかしたらカミングホーム・エッセンスが役に立てる部分があるのかもしれません。

 

      ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

 

最近の体験からひとつ具体例を紹介します。

親しい人にイジメを受け苦しいと相談されたら、あなたはどう感じますか?

もしかしたら、ふたつの反応が起こるかもしれません。一緒に悲しんだり慰めたり、いじめる相手の事情を察したりする柔らかな「光」の反応。逆に、この人を苦しめるとは許せん!復讐してやるとカッとする猛々しい「闇」の反応。

許せないという感情は、激しく苦しい嫌なものなので、「光」だけを表そうとすると、「闇」の反応を消し去るために対策したくなります。

『怒る私の心になにか闇の元があるから攻撃的な発想が浮かぶので、私の中に猛々しい怒りなど2度と起こらぬように闇の原因を突きとめ解消しよう』 

ただ、内なる闇の原因を探求する道は、時に、幼少期など今更どうしようもない過去を変えようとするイバラ道だったりするかもしれません😅

 

では、カミングホーム・エッセンスで「闇・影の統合」を試みるとしたら?

このエッセンスの視点は、現状が±ゼロ地点。闇&光双方の反応を味わい、きちんと現状認識して「さぁこの先どうしようか」と未来への中立的な問いからスタートします。

      ☆

この例では、相談を受けた方は「許せない」の感情が炎のように激しかったので【マルバハギ】のエッセンスを摂りました。イジメられた方は苦しみに「溺れそう」な感覚が強かったので【オオカワヂシャ】が合いそうでした。根底にあった問いは「この状態から何を見つけられるだろうか…」です。

エッセンスを摂ったところで、イジメという現状やそれに伴う感情が消えてなくなるわけではありませんでした。ただ、だんだんとそのことへの反応が変わっていきました。

相談を受けた方は「許せない」と猛々しい怒りの奥に、パワフルな意思や行動力の火種の存在を見つけ「これはこれで案外魅力的な性質💕」と自らの新たな魅力を発見…笑

イジメられた方は、自身の振る舞いの中に、ついいじめたくなるような部分があることを正面から認め、前向きに表現の工夫を試み〜^ ^

結果として状況への対応が自然に少しずつ変化する中で、「別にそれほど一大事ではないかも~⁈」と受け流すたくましさが育っていきました。

注)特別な心理的ワークやエクササイズをすることなく、エッセンスを一定期間摂るだけで、なんとなくやんわりほぐれていく。そこがフラワーエッセンスセラピーの非常に秀でた特長だと思います。

          ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。. 

影との統合。

こうした展開へのエッセンスの応援は、影と見える事柄そのものを消し去るような形では現れないかもしれません。どのような展開になるか予測がつかない面もあります。そのため、カミングホーム・エッセンスの説明にはあえて具体的な例をあげていません。

ザックリ語るなら「すべてのことは、必要があって現れる」ということを日常の体験の中で実証し、「確実に自分の生命エネルギーを再構築する力=レジリエンスとして取り込んでいく応援をする…そんな風に感じています。

 

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171010153246j:plain


☆カミングホーム・エッセンスの詳細は、ほしのしずくの公式サイトにて
  ↓↓↓

stellagutta.web.fc2.com

☆エッセンスのご注文はオンラインショップからどうぞ。

http://stellagutta.cart.fc2.com/