ヨモギのエッセンスの特長とそのメッセージ

久々に、カミングホームのフラワーエッセンスの紹介投稿。

今日は、ヨモギです。

よもぎ

 

子どもの頃、春に草摘みをしては草団子をおやつにもらった記憶があり、

ヨモギは、親しみを感じる野草の代表格です。

 

採取地の四国カルストで満開のヨモギに出会い、アチューメントした時

受け取ったメッセージは、以下のような威厳に満ちたことばでした。

 

人はなぜ 死を恐れるのだろう

その恐れが 多くの問題や病を引き寄せているということも知らずに

 

生物はすべて 死ぬことを前提として生を受ける

一つの流れのようであり、循環の一コマでもある

 

植物は生と死のリズムを まるで海の潮の満ち引きのように

毎日めぐる太陽の運行のように

自然の流れとして 身をゆだねている

 

自然のリズムに 個の身をゆだねることによって 

種としての意識が滑らかに継続し 

次の世代に途切れることなく伝承される

だからこそ 植物の各種は 独自に進化を遂げることができる

 

人間が種として進化をしつづけ 

大地に一員として残ることを望むのであれば

まず 個としての死への恐れが 無意味な事である事実に 

目を向けるべきである

 

 

帰宅後、ヨモギのいわれを調べたところ・・・

特に子宮強壮の薬草、女性の味方として大切にされてきた薬草。

血液循環や自律神経の調整、殺菌・抗黴作用もあり、苦味成分は消化器系の

不調改善や、貧血対策にも効果があるといわれる、万能選手だそうです。

 

古来、生命の智慧を宿す植物と捉えられてきたのでしょう。

英語でMugwort(マグワート)と呼ばれるこの草は、フランスでは「エルブ・ロワイヤル」(王の草)、アイヌでは「カムイ・ノヤ」(神の草)、中国では「医草」「愛の草」などと呼ばれ、世界中で薬草として尊ばれているのだそうです。

 

海外では、「マグワート」の名でフラワーエッセンスや精油も作られていて、

以下の効果が観察されています。

 ・霊的経験や夢の経験を日常生活に統合する。

 ・多次元的意識。

 ・精神の受容性を高め、ゆっくりと意識を広げ、魂が健康な形で

  実用的、物質的世界につながりを維持するのを助ける

 

 

・・・なるほど・・・

ヨモギのディーバ(精霊)から見ると、人間の死生観は心もとないかもね、と妙に納得してしまいました[emoji:e-53]

 

 

キーワード  :  生命の本質 高次元の生命観

 

このエッセンスを飲んだ方からは、以下のフィードバックが届いています

・自然に気分転換ができて、すっきりリフレッシュできる

・1か月継続して飲んだところ、ネガティブ発言が出やすい自分のことばが、

  特に意識してないのに少し前向きなことばに変わってきた

・頭・首、肩が軽くなる

・うじうじ悩む時間が短くなった