「影の統合」のエッセンスは、どのように働きかけるか

今年の夏至にリリースした5本の花のエッセンスたちに「影の統合」という共通テーマがあります。今日はそのことを書いてみます。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20170622125929j:image

ひと頃に比べ、キラキラ・ワクワクだけの人生を求めることに違和感…という声が大きくなって来たように感じます。「ワクワクや好きなこと」を仮に人生の「光」としたら、「闇・影」は「キライなことや苦しみ、痛み」かな。ユングは影のことを以下のように述べています。

影の像は、主体は認めていないが、それでも何度でも彼にー直接的にしろ間接的にしろーしつこく迫って来るものすべてを、たとえば劣等な性格特性やその他の(主体と)相容れない性向を、人格化したものである

『個性化とマンダラ』 C.G.ユング著 林 道義訳 p62-

う~ん、確かに少ない方がラクそうですね😅

けれど、この地球上ではモノに光が当たれば反対側に影ができます。物理的にそんなルールの星なので「光だけ」にするのは無理かも… むしろ心の世界にさす光が強まると同時に、影も目立つように感じることがありえます。

 

では、カミングホームシリーズに新たに生まれた「影の統合」というキーワードは現実的にはなにを意味するのでしょう?

正直なところ、私自身もエッセンスを摂り実体験を通じて探求中です。どうやら一見好ましくない自分の一部も認めることによって『より個性を確立し凛とした自分』へと拡大して行く過程を突き進むようです。

夏の間に読んでいた『ゲド戦記』に、こんな表現がありました。

ゲドは勝ちも負けもしなかった。自分の死の影に自分の名を付し、己を全きものとしたのである。すべてをひっくるめて、自分自身の本当の姿を知る者は、自分以外のどんな力にも利用されたり支配されたりすることはない。ゲドはそのような人間になったのだ。

ゲド戦記 1 影との戦い』 ル・グウィン著 清水真砂子訳  p 307-

こうした展開は自ら望んで足を踏み入れるものではなさそうです。むしろ、いつのまにか自動的にプログラムが起動する、魂の計画のようにも見えます。とはいえ、はじまってしまったら仕方がな~い💦できるだけ速やかにくぐり抜けるよう最善を尽くすのがよさそうです。そのために、もしかしたらカミングホーム・エッセンスが役に立てる部分があるのかもしれません。

 

      ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

 

最近の体験からひとつ具体例を紹介します。

親しい人にイジメを受け苦しいと相談されたら、あなたはどう感じますか?

もしかしたら、ふたつの反応が起こるかもしれません。一緒に悲しんだり慰めたり、いじめる相手の事情を察したりする柔らかな「光」の反応。逆に、この人を苦しめるとは許せん!復讐してやるとカッとする猛々しい「闇」の反応。

許せないという感情は、激しく苦しい嫌なものなので、「光」だけを表そうとすると、「闇」の反応を消し去るために対策したくなります。

『怒る私の心になにか闇の元があるから攻撃的な発想が浮かぶので、私の中に猛々しい怒りなど2度と起こらぬように闇の原因を突きとめ解消しよう』 

ただ、内なる闇の原因を探求する道は、時に、幼少期など今更どうしようもない過去を変えようとするイバラ道だったりするかもしれません😅

 

では、カミングホーム・エッセンスで「闇・影の統合」を試みるとしたら?

このエッセンスの視点は、現状が±ゼロ地点。闇&光双方の反応を味わい、きちんと現状認識して「さぁこの先どうしようか」と未来への中立的な問いからスタートします。

      ☆

この例では、相談を受けた方は「許せない」の感情が炎のように激しかったので【マルバハギ】のエッセンスを摂りました。イジメられた方は苦しみに「溺れそう」な感覚が強かったので【オオカワヂシャ】が合いそうでした。根底にあった問いは「この状態から何を見つけられるだろうか…」です。

エッセンスを摂ったところで、イジメという現状やそれに伴う感情が消えてなくなるわけではありませんでした。ただ、だんだんとそのことへの反応が変わっていきました。

相談を受けた方は「許せない」と猛々しい怒りの奥に、パワフルな意思や行動力の火種の存在を見つけ「これはこれで案外魅力的な性質💕」と自らの新たな魅力を発見…笑

イジメられた方は、自身の振る舞いの中に、ついいじめたくなるような部分があることを正面から認め、前向きに表現の工夫を試み〜^ ^

結果として状況への対応が自然に少しずつ変化する中で、「別にそれほど一大事ではないかも~⁈」と受け流すたくましさが育っていきました。

注)特別な心理的ワークやエクササイズをすることなく、エッセンスを一定期間摂るだけで、なんとなくやんわりほぐれていく。そこがフラワーエッセンスセラピーの非常に秀でた特長だと思います。

          ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。. 

影との統合。

こうした展開へのエッセンスの応援は、影と見える事柄そのものを消し去るような形では現れないかもしれません。どのような展開になるか予測がつかない面もあります。そのため、カミングホーム・エッセンスの説明にはあえて具体的な例をあげていません。

ザックリ語るなら「すべてのことは、必要があって現れる」ということを日常の体験の中で実証し、「確実に自分の生命エネルギーを再構築する力=レジリエンスとして取り込んでいく応援をする…そんな風に感じています。

 

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171010153246j:plain


☆カミングホーム・エッセンスの詳細は、ほしのしずくの公式サイトにて
  ↓↓↓

stellagutta.web.fc2.com

☆エッセンスのご注文はオンラインショップからどうぞ。

http://stellagutta.cart.fc2.com/