Coming Home Essences : 神戸発 自然界からの贈り物

日本の花と大地で生まれたカミングホーム・エッセンス

精霊(Sidhe)のカードとカミングホーム・エッセンスの共鳴

最近出会った「The Card Deck of Sidhe」というカード。「Sidhe」はシーと読み、精霊たちのことで、アイルランドに残る最も古い呼ばれ方。「people of peace 」という意味だそうです。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171120002509j:image

彼らは人類とは従兄弟のような存在で、進化の過程で人は物質的な在り方を選び、Sidheたちはエーテル的な在り方をとりました。生活する「次元」こそ違えど、地球という星にともに暮らし、星全体としての進化をともに歩む仲間です。

その昔、まだ人類とSidheに往来があった時代には、いわゆる妖精のように小さな羽のある姿などで人の前に現れていた彼らも、現代では姿も能力も進化しているそう。
このカードは、今、Sidheと出会いなおし協力して新しい地球の姿を顕そうと願う人に、Sidheたちとのコミュニケーションを助ける目的で作られました。

 

カミングホーム・エッセンスの世界観に近いなぁ🎵
思い込みの枠を超え、より大きな全体🌍を意識しながら、今の自分が持つ最高の可能性を『現実世界で』花開かせること。それがカミングホーム・エッセンスの目指すところ… 頼もしい友人たちに出会えたよう✨

       ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

そして、このカード、Sidheたちの世界と繋がるためにまずイワクラのカードを"まわる"んです。イワクラってのはやはり異世界とのゲートなのね(^-^)💓

      ゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:

 

ふと、遊び心でカードとエッセンスを重ねてみたら…わぉ!驚きの一致🌟 世界観だけでなく、個別のストーリーやエネルギー、順番まで予想以上の合致です。

カードはアメリカ、描かれている石たちはイギリス、エッセンスは日本。"生まれ"は地球のあちこちだけど、共通のストーリーと響き(エネルギー)を持って、異なる形でこの地上に存在するものたち。

f:id:hoshi-no-shizuku-rokko:20171120002914j:image

なんか、感動…✨精霊とのコミュニケーション、本腰入れてリサーチせねば。